飴屋的日記
4月分を見る
1年前を見る
2年前を見る
3年前を見る
4年前を見る
5年前を見る
6年前を見る
7年前を見る
8年前を見る
9年前を見る
10年前を見る
11年前を見る
12年前を見る
13年前を見る
14年前を見る
15年前を見る
16年前を見る
17年前を見る
18年前を見る
19年前を見る
20年前を見る
21年前を見る
22年前を見る
23年前を見る

5/17 (旧4/10)(金)

昨日の続き。NE5533は他バージョンに持っていないので,NE5534の他バージョンを試してみる。まずはTIのMADE IN JAPAN 光沢モールドのヴィンテージ品だ。NE5533の音に近くなったがちょっと硬い。でも現行品よりは全然マシ。やはり現行品は別物なのかもしれん。これならNE5533よりもNE5534の方が良い。ただ,個体差なんだろうけどホワイトノイズが微量。エージングで多少消えるかもしれんが,これはこれで気になる。それなら手持ちの中にノイズ選別品があるJRCはどうだろうか。JRCのNJM5534DとNJM5534DDを試してみる。NJM5534DDはDのノイズ選別品だ。ウチにあるDDは遥か前に秋月で買ったモノ。Dはこの遊び用に先月買ったモノだ。残念ながらDとDDのノイズの違いは駄耳には判らなかったが,音は先月買ったDの方が良かった。もっと買っておけばよかったかな。ただ,このJRCのNJM5534は音が変わる。質の良し悪しはおいといて,音そのものはMUSES(の高価な方)に更に似てきた。でもこれは昨日試したシグネティックスのヴィンテージNE5533の「解像するのにゆるふわ感」とは違う聴き慣れたJRCの音だ。ここまで来ると回路が同じかどうかも怪しいが,確かにデータシートを並べると微妙に特性が異なるのでJRC品は似て非なるモノなのかもしれん。それでも通常の使い方では全く保証ナシの1ピンと8ピンからの信号入力で音が出ているのだから,用途的には問題ない。

それはともかく,昭和テイストの安物オペアンプが数百円の投資で平成中頃っぽい響きになるので,遊びとしては面白いと思う(大金をかけて遊ぶ程のモノではないが)。80年代〜90年代はNE5532を通っていない録音を探す方が面倒なくらいメジャーだったので,相性もバッチリ(?)だ。なにより,(使い方にもよるが)NE5534なのに位相保証不要になるのが良い。そう思うと,DAC PCM1792のI/V変換用に,前に使ったDAC基板を改造してみるとどんな音になるだろうか。あー,1回路用基板も起こしておくのだったなぁ。


5/16 (旧4/9)(木)

譜面書きの件は昨夜入稿してひと段落ついたので,GWの工作の続き。4/31にネタにしたNE5534/NE5533をFET入力にしてしまう変換基板を作ってみた。5534の方は部品が上手く乗らなくて8ピンDIPソケット3倍サイズになってしまったが,5533基板は市中によく出回っているオペアンプ2回路基板と同サイズの8ピンDIPソケット2倍サイズで作成。3倍サイズの方はウルトラスーパーミニパッケージのトランジスタの半田付けさえできれば特に問題ないが,2倍サイズのはアクロバティックな実装で,半田付けの難易度は結構高い。ネタとしては面白いので同人基板として頒布しようかなとも思ったが,こりゃダメだ。もう少し簡単に組み立てられないと。


どちらも機能的には同等品
下の基板は1枚部品載せるのに2時間以上も奮闘。作業性最悪。


5533基板と5534基板は同回路だが,5534の方はこれにバイパスコンデンサ追加。定電流回路のトランジスタはYクラス推奨。
回路上は2SK3320も書いてあるが基板は一回り大きい2SK2145用に作成。(回路のご利用は自己責任で)

肝心の音はどうか。さすがにChu-moyで評価するのは可哀想なので,NFJのDAC FX-04J+の最終段に入れてみた。これが結構良い感じに鳴る。TIのOPA16xxのようなオペアンプ臭は無く,ディスクリートっぽい。初段の差動増幅がディスクリートなのである意味ディスクリートなのだが,5532や5534をそのまま使うよりも素性の良い素直な音だ。これならディスクリートオペアンプだと嘯いてもレジンモールドしてしまえば騙せるかもしれない。OPA627とも別系統の音で,どちらかといえばMUSESの音に近いような。まぁ,元がオペアンプとFETとトランジスタ,全部合わせても数百円なので,高級オペアンプと比較するのは無粋。ここは単純に東芝の2SK2145とNE5534/5533に拍手だ。5534基板の方は現行品のTIを,5533基板の方はシグネティックスのヴィンテージ品を載せてみた。おいら的評価はシグネティックスのNE5533を載せた5533基板の方が高い。空気感をかなり解像するのだけど,それでも全体にふんわりとして聴き疲れしない。TIの現行品を載せた5534基板の方が色々と有利になる筈なのだが,NE5533の素性が良いのだろうか。今度手持ちのJRC NJM5534DDやTIのヴィンテージMADE IN JAPANを試してみるか。


5/15 (旧4/8)(水)

松屋のBGM,ここ何ヶ月か妙に昭和歌謡が多いのだが,今日は松田聖子の瞳はダイヤモンド,ゴダイゴの銀河鉄道999(英語の方),菊池桃子のもう逢えないかもしれないって,なんじゃこの選曲。小声で歌っていたのはおいらだ。ごめんね店員。

今日はセブンイレブン50周年記念だそうで。50年も経ったのかと思うのかまだ50年と思うのか。でもこの50年の間に日本の食品流通と昼食や中食を変えてしまったのは確かだ。1号店は有名な豊洲店。あそこだけ特別扱いで,オーナーは本部よりも特権があるという噂。今は駅前交差点の方が栄えているが,昔はあの交差点にはパン屋(自家製ではなくて普通のヤマザキパンを売る店)と石川島生協くらいしかなくて,生協の裏は都営住宅(低層でも高層でもなく,平屋のマッチ箱)。豊洲といえばセブンイレブン1号店のある交差点周辺が中心だった。2号店は相模原市,そして3号店が江東区の牡丹だ。昨年店主が亡くなって惜しまれつつ閉店してしまったピンバイスという老舗プラモデル屋のすぐ近く。ごく初期の店舗は何故か江東区に多い。そういう訳で昭和50年代の江東区民には毎度お馴染みのセブンイレブンなのだが,この頃からドミナント戦略考えていたのだろうな。


5/14 (旧4/7)(火)

もう5月も半ばになってしまったので,春アニメを消化しないと。まずは終末トレインどこへゆく 大好きな水島努監督の最新作。時間が無いので1話だけ。当然,話のツカミだけなのだが,なかなか結構な終末感だ。視聴継続。


5/13 (旧4/6)(月)

先週作成した浄書譜面のチェック結果が。うーん,眠かったんだろうな。こりゃ修正も大変だが,再見直しも大変。とにかく音符が多い...


5/12 (旧4/5)(日)

グレゴリオ聖歌の日。今日のテーマはキリストの昇天。Graduale Novum の版には Graduale Triplex にはなかったシャープがついている。四角い音符の四線譜にシャープとは珍しいが,ザンクトガレンのネウマの方をみてみるとそれっぽい音の並びになっている。研究が進んだというか,そもそも音階なんかどれだけマトモに存在したのやらという時代の話なので,まぁ,現代の人が現代風に再現するならシャープもアリ? みたいな。


5/11 (旧4/4)(土)

神宮球場燕パワーの日。例年中日が多いのだが,今年は巨人。いい試合だったのだけどあと一歩及ばず。まぁ,GW前半にアウェーながら3タテした相手なので,それなりの対策は練ってくるということで。今回のスポンサーはCHUMS(チャムス)。あのペンギンのようなキャラはカツオドリだと着ぐるみが主張していた。そのまま着ぐるみになって出てきて始球式。キャッチャーは何故か元ヤクルトの五十嵐。さすがにマトモに投げられる訳なくて大暴投。まぁ,ウケたからいいか。って感じ。


カツオドリとつば九郎のバッテリー。
つば九郎はキャッチできないので,この後で何故か五十嵐が出てくるのだが。


レフトの一部を除いてスタンド中ミドリ。スコアボードもミドリ。

しかし腹立ったのが試合終了後に交通整理をやっていた四谷警察署の婦人警官。ハケた大量の客を狭い歩道に押し込めて,横断歩道の利用を強制して身動き取れないダンゴするのではなくて,アンタの仕事はどうせ大した交通量の無い車道を臨機応変に止めて,反対側の歩道にも分散させることじゃないのかい? 少なくとも前はそうだったのだけど,事情が変わったのかコイツがモノを知らんだけなのか,頭が悪いのか。案の定,歩行者どころかタクシーにも舐められてる。まぁ,そりゃそうだろうな。


5/10 (旧4/3)(金)

明日のAM 7時くらいに低緯度オーロラが見られるかもしれない磁気嵐が来るというニュースが。残念ながらこの季節の日本は午前7時では明るすぎてオーロラどころではない。第一波より前の予兆のような波なら日本でも夜中だが,そういうのは余程暗い場所でないとダメだろうな。なんだか赤くボヤっとした光が見えるらしいのだが,うーん,あと数時間早く発生してくれたらなぁ。


5/9 (旧4/2)(木)

譜面描きはGW中になんとか終わったのだが,追加の課題で浄書が。昨日あたりからそれで四苦八苦。それも1曲だけ音数と指示が多くてとんでもない作業量なのだ。まぁなんとか土日までには終わらせそうな見込みがついてきた。続きを準備していたオペアンプ関連のネタも来週までお休みってことで。


5/8 (旧4/1 朔日)(水)

今日の川崎競馬,何が起こったのか4レースと7レースで2度もカンパイ(やりなおし)。1日で2回というのはかなり珍しい。4レースは馬を発馬機に入れた係員が出ていく前にスターターがゲートを開いてしまった大ポカ。こりゃ下手したら事故死するぞ。係員が一番びっくり。7レースはゲートを開く前に6番の馬が鼻でゲート突いて開いてしまっていたもの。4レースの方は騎手達がカンパイに気が付かずトコトコトッコトコという楽しい名前の馬がラストで激走してまさかの1着ゴールで連勝は万馬券コース。もちろんカンパイなのでレースはやりなおしなのだが,各馬ゴールまで走り切ってしまったので珍しい全頭出走除外。うーん,百円でも買っておけば記念馬券として飾っておけたのだけどな。


5/7 (旧3/29)(火)

指揮棒振りの日。新曲練習。3曲ほど掻い摘み。感触はいい感じ。問題なさそう。あとはどれだけ上手くなれるかかな。


5/6 (旧3/28)(月)

昨年,新鎌ヶ谷駅の北総と野田線の間の通路にあった店が閉店して関東全滅となった東京チカラめしが都内で復活するのだとか。出店場所はまさかの九段第二合同庁舎。税務署と法務局が入っているとこだな。あそこなら出入り業者のフリをしなくても,普通のサラリーマンのコスプレをすれば入れそうだ。


5/5 (旧3/27)(日)

香港は強い風雨が続いているそうで,長洲の饅頭祭用のタワー(搶包山)が崩れてしまったらしい。饅頭祭は旧暦の花祭りの日なので今年は5/15,16。残骸を片付けて建て直す時間的余裕はありそうだが,まぁ地元の色々な人が駆り出されて作っているものだろうから,なかなか大変だと思う。ゴールデンウィーク中はずっと荒天。日本人観光客(今は割高感ハンパ無いので以前ほどはいないのだが)にとってはお気の毒様。

ちなみにこんな感じの奴。最近5月に香港行ってないので一番新しくて8年前の写真しか無いのだが勘弁。これは今回は倒れず耐えた競技用(倒れたのはお供え用の3台並んだ奴)で,高さはだいたい15m。これに平安と書いた饅頭を山のように貼り付ける。祭のクライマックスで,挑戦者がコイツに登って饅頭の奪い合い競技をする。高い場所にある饅頭ほど高得点で,得点が高い者が勝ち。さて,今年は如何。


普段は閑散としている北帝廟前のバスケットコートがメイン会場。
こいつが見えなくなる位,大量の饅頭を貼り付ける。

お陰様で譜面はようやく納品。お疲れ様。おいら。


5/4 (旧3/26)(土)

楽譜の続き。コメダに篭って追い込み。普段は快適な書斎代用(何せ自分で淹れなくてもボタンを押すだけでコーヒーが出てくる)なのだがさすがに日が悪いのか煩いガキの運動会場になっていたり,しょうもない話で客のオヤジが店員にカスハラして威張っていたり。まぁ仕方がない。さっさと終わらせないと。


5/3 (旧3/25)(金)

昨日のつづき。脳内で昔の歌が無限ループ。なんとか目処はついた感じ。明日追い込みかければ5日に納品できるかな。


5/2 (旧3/24)(木)

コメダに篭って譜面書き。暗くなってきてなんだかエアコンが強烈だなぁと思ったら外はもっと寒かった。おかげさまで課題のうちの一つは終わりそう。

ピアニスト フジコ・ヘミングさんの訃報。フジコ・ヘミングと言えばスズナリの建物にあったシネマ下北沢で上映していた「ざわざわ下北沢」を思い出す。シネマ下北沢は50人くらいしか入れなそうなミニシアター。小劇場の映画館バージョンといえば聞こえが良いが,そんなんで利益が出るわけないのでいつまで続くかというシアターだった。しばらくして経営が某出版社に移り,その後あっけなく閉鎖。某出版社の社長がインチキ健康食品で逮捕されたとか。そのざわざわ下北沢からおよそ四半世紀。小田急が地下に潜ったあたりから急速に景色が変わっているような気がするのだけど,小田急ホームからよくみえたビリヤード場やラブホテルはまだまだ健在。昔,駅前劇場の建物の1階にあった餃子の王将で毎日晩メシ喰ってた頃が懐かしいわ。


5/1 (旧3/23)(水)

昨日のJFET入力にした純正NE5533を波形測定してみた。負荷は10KΩ。アプリケーションノートの例にあったカスコード構成ではない,なんちゃってJFET入力だが確かに位相応答がよくなっている。周波数特性も向上。これなら安定しそうな感じだ。ただし,ブレッドボードの影響なんだろうが,少し発振しているのでマイナス入力と出力との間の抵抗に並列で68pFを追加する必要アリ。100pFでもよいがその真ん中位がベストな様子。コンデンサを入れると落ち着いた波形になる。NE5533(NE5534)に秋月の2SK2145と定電流ダイオードを1個ずつ足すだけで化けるってのが遊びとしては面白い。


(1) (比較用)100KHz入力時の応答。13-14ピン間の位相補償22pF。3.2Vくらいになる。NE553xらしさはこのヒゲから。


(2) (比較用)10倍の1MHz入力時の応答。位相補償22pF。出力は100KHzの半分以下に。


(3) (比較用)22pFを外すとこんな感じ。位相がひっくり返りかけている。出力もおよそ半分。


(4) (2SK2145入力)なんちゃってJFET入力にするとこんな感じの応答になる。
波形はノコギリ波だが出力は3V超。位相遅れはほとんどない。


(5) (2SK2145入力)ちなみに上記構成で500KHzだとこんな感じ。まぁ頑張っている。

で,ここまでやるのだったら,アプリケーションノートの回路例をそのままTIのJFE2140で実験出来ないかと試してみた。カスコード構成だ。結果,周波数特性はかなり改善。東芝の2SK2145よりは角が立つ波形となった。これなら世の中の高級オペアンプとも並べられる。問題はコスト。秋月で2SK2145が2個100円。1個あたり単価50円なのに対し,JFE2140は1個500円。2個必要なので1000円だ。コスト20倍。だったら世の中の高級オペアンプと変わらんような気がしなくもない。(もっとも,下段JFETだけ¥50の東芝を使うという手はあるが,それでも11倍だ)


(6) (JFE2140×2入力)500KHzだとこんな感じ。ブレッドボードなのになかなかの特性だ。


もどる