飴屋的日記
5月分を見る
1年前を見る
2年前を見る
3年前を見る
4年前を見る
5年前を見る
6年前を見る
7年前を見る
8年前を見る
9年前を見る
10年前を見る
11年前を見る
12年前を見る
13年前を見る
14年前を見る
15年前を見る
16年前を見る
17年前を見る
18年前を見る
19年前を見る
20年前を見る
21年前を見る
22年前を見る
23年前を見る

6/11 (旧5/6)(火)

iPadに電卓アプリ登場。電卓アプリって,iPhoneやWindowsのオマケに入っているアレか?と思いきや,数式をペンで書いて入力するとグラフが出てくるというシロモノだった。つまり,学生の数学の宿題はコイツがあればカンニングし放題だ。解法まで教えてくれるならそれでも良いような気もするが,どうなんだろう。読書感想文は生成AIでカンニングする時代,数式も今ならChatGPTに数式を画像認識させて解かせることができるらしいが,学校で教えることが式の解法(まぁ,定理の積み重ねで解くのだからこれも道具の使い方のようなものなのだけど)からハイテク道具の使い方に変わったりしてしまうのだったら寂しい。えっ,ディスクリート回路の定数計算が面倒だからと概算だけしてあとはLTSpiceにやらせて微調整しているお前に言われたくないって? ごもっとも。

ebayの偽物Signeticsの件,ハンマーでぶっ壊した画像を送れなんて言ってくる。IC壊せる程度のデカいサイズのすぐに使えるハンマーなんてのは無かったが,何年も開けてなかった工具箱からボルトカッター(たぶん鍵を無くした南京錠か何かあったものと予想)が出てきたのでソイツで全部破壊して撮影。お陰で咳が悪化したじゃねーか(怒)


6/10 (旧5/5)(月)

風邪と痛み止めでボーッとしている頭でアンプの構想のつづき。出力段に2SC4409と2SA1681を使おうかと思ったが,秋月に置いてあるデュアルトランジスタTPC6901Aが気になった。既にディスコンで新規採用非推奨。秋月にあるのもどこかの流れ品か長期在庫か。スイッチング用だが,「NPNは2SC5810相当、PNPは2SA2070相当で、共にhFEのリニアリティが良好ですのでオーディオ用にも適しています。」と書いてある。ちょっと待て,どっちのトランジスタも中電力用。それを2つ突っ込んで小型のSOT-236パッケージで良いわけがないのだが,データシートを比べてみると,コレクタ許容損失を除いて全て同一だ。許容損失もミニパッケージなのに1素子あたり330mW。ディレーティングを無視して放熱さえなんとかすれば10Vで約30mA流しても安全動作領域内だ。ヘッドフォン駆動にはこれで十分のような気がしてきたが,まぁ,折角なので元ネタとなった2SC5810と2SA2070を入手して,実験してみるか。


6/9 (旧5/4)(日)

石は排出されないものの痛みの出る場所を通り抜けたのか激痛は治まったが,今度は風邪をひいてダウン。一昨日くらいからなんとなく調子悪かったのが,尿路結石の激痛でそれどころではなかった。免疫が落ちたのか。講習会の予定はキャンセルしてずっと昼寝。おやすみなさい。


6/8 (旧5/3)(土)

週末の用事の全てを諦めて泌尿器科でCTを撮影したら,なんと石が3つも。今の調子ではロキソニンは使えないのでカロナールで我慢してくれと,一番デカい500mgを処方してもらう。あとは利尿剤でなんとかせい。と。うーん,先は長そうだ。


6/7 (旧5/2)(金)

最近の不摂生が祟ったのかコーヒーの飲み過ぎか,午後から尿路結石っぽい激痛が。激痛の仕事帰りにロキソニンを購入しにいくも3箇所寄って3箇所共に薬剤師不在で売ってくれない。うーん,


6/6 (旧5/1 朔日)(木)

今年は令和6年なので悪魔の数字の日。ギャンブラーの日でもある。大井競馬は9レースを当てた後に10レースのコタツデミカンという馬を期待したのだが,実力不足。まぁ仕方がない。

飴屋工房のオペアンプネタに波形をいくつか追加してみた。ついでにebayで赤道ギニアから来た中国の偽物Signetics NE5534も。昔のNSっぽいパッケージなので,たぶん中身はLF411かLF356だと思うが,オフセットが0.5mVなのと,500KHzの波形の訛りが手持ちのLF412に似ていることから,LF411と予想。だとしたらNE5534より高価なので実はお買い得品なのだが,おいらにゃLF411なんて使い所がないので返品申請。どうなることやら。

一昨日のポータブルヘッドフォンアンプの構想を練ってみる。一昨年作った電池管6418を使ったアンプと外形や機能は同仕様で,6418の代わりに,NE5534のFET入力(SMD版かDIP版かは面積余裕次第)。前回入力インピーダンスが高すぎて大失敗したBluetoothも復活させて,出力段は素直にBC807K-BC817K。前回は素直にSEPPだが,遊ぶならダイヤモンドバッファもアリ。MDR-M1STを鳴らす訳ではないので,まぁその辺は電池の持ち優先。ってことでいいのかな。


6/5 (旧4/29)(水)

大井競馬の東京ダービー,おいら的本命はイモノソーダワリデ。複勝で狙ったのだが,JRA馬の壁厚し。ダメか。勝ったのは鉄板大本命。1番人気-2番人気-3番人気の順だったので三連単もまさかの730円。三連複は270円。トリガミばかりで儲けた人は少ないかもしれん。しかし今年はJRA馬強いな。5着まででJRA以外の馬は高知競馬のシンメデージーだけだ。

からかい上手の高木さんが実写映画化記念で5巻まで無料になってたので読んでみた。原作読むと,アニメ版って結構よくできていることがわかる。で,実写化映画はどうか。宣伝を見てみると,原作の10年後描くオリジナルストーリーって触れ込み。おいおい,オリジナルストーリーって,設定だけ借りてきたって奴かな。ひょっとして原作レイプ? まぁ,中身見てないのでわからんが。


6/4 (旧4/28)(火)

指揮棒振りの日。まぁなんとかなりそうというか,これから練習ガンバレというか。とりあえず無理そうではなさそうな感じ。

NE5534+FET基板の1回路版完成。ついでにNE5533版でHN1C01FU-GRで試作してうまくいかなかったところが単純に半田付け不良ってのも判明。10倍ルーペで確認したのだが,老眼には勝てず。波形測定していないのでホントの所はわからんが,普通に動くようになった。このNE5534用1回路基板だが,基板両端をニッパで削れば幅だけ8ピンソケットサイズになる。なので市販のDual基板にそのまま載る。ホントに量産するなら基板端パターンに制限の無いVカット基板にするので,幅だけならピタリサイズにできると思う。家内的手工業量産手法も確立したので,ここまで出来たなら頒布可能なのだが,まぁ,昔のNE5532的な音作りを狙ってないならこんなモノを使うより,今なら素直にMUSES8920かLM4562やOPA1656を使った方が良い。もっとも,おいら的にはレトロ趣味というか,この80年代のミキサー卓風味なのだけど訛りがない音が妙に気に入ってしまったので,コイツでひとつポータブルヘッドフォンアンプを作れないか画策中。


足を千鳥配置にすることで横幅をICソケット幅に実装。



6/3 (旧4/27)(月)

先月更新した飴屋工房に先日のヘッドフォンアンプネタを再構成して掲載してみた。昨日波形観測したのでそれも追加。波形観測で面白かったのは偽物のNE5532。2月に入手したジャンク基板に載っていたもので,全然使ってなかったので気が付かなかったもの。大量買いすれば百円しないオペアンプにもわざわざ手間暇かけて偽物を作るって,どんなビジネスモデルなんだろうか。TIが偽物にキレて,既在庫品と完成品(キット含)以外の小売を禁止して直販と一次卸だけにしてしまったのもわかる気がする。


6/2 (旧4/26)(日)

JRAの安田記念に香港の浪漫勇士(ロマンチックウォーリアー)が出てた。結果もブッチギリの1着。コイツ,騸馬(香港馬は繁殖目的ではないので基本的に騸馬)なのが本当に勿体無い位に強い。今年の正月に跑馬地馬場に行ったとき,グッズショップに大量にコイツのぬいが置いてあった。買わずに写真だけ撮ったつもりだったのだが出てこない。うーん,撮影しそこなったかなぁ。


6/1 (旧4/25)(土)

毎年この季節に入る某所の掃除でナミアゲハを発見。かなりのサイズでびっくり。近くに柑橘系農家がいたら丸坊主にされてしまうので気の毒な話だが,まぁそれはそれ。綺麗な蝶だ。


この手の写真って勝手に持っていかれて無断使用される可能性があるのでウオーターマークを入れてみた。


もどる